【神道とは元を想う心である】《Shinto is to feel the roots of you.》

神道は宗教ではありません。

Shinto is not teaching.

どうするかではなくどうあるか。

It is not the way to do , but the way to be.

神道における神は絶対的なものを意味しません。

God is translated to 神(”Kami”) , but “Kami” doesn’t mean the absolute one.

下に対する上。上と書いてカミと読みます。

God is called “Kami” in Japanese. “Kami” is equally to “the Ups“ toword “the Downs”.

川が上流から下流へと流れてくるように、上が流したものを下が受け取る。

As river flows from the mountain to the sea , it’s natural that “the Ups” release and “the Downs” receive.

上があるから下がある。それは善悪でも優劣でもない。

“The Ups” and “the Downs exist altogether. The difference doesn’t mean worth but position.

それが日本人にとっての神。

Japanese people worship all their Upper ones as “Kami”.

私たちが今あるのは誰のおかげなのか、なんのおかげなのか。

What let us live ? Who makes us live ?

「あなたのおかげで今があります!」と言える相手がすべて神。

“Kami” is all existence ( including us , human beings) to whom we can say sincerely “ we are happy now thanks to you! “

ゆえに、すべての存在が必要であり、すべてのことには意味があるとする価値観においてはあらゆる存在が神となる。

That’s why , if we recognize all as synchronicity and serendipity ,all existence around you would be “Kami”.

貧乏神も疫病神も神であり、貧乏や災難・病気のおかげで今があると思えた人がいたからそれらも神となった。(※ここだけ英訳を変えました)

So, someone’s “Kami” is not always other one’s “Kami”.

だから日本の神様は何も要求しない。

“Kami” doesn’t request you to worship.

問われるのは私たちのルーツと言える神に対して自分たちがどうあるかだけ。

What is needed is if we want to worship or not.

生かされていることへの感謝と、その恩にどう応えていくのかの決意。 それを問い続けていくことが神道である。

Shinto is keep on questing the roots of us.

That’s why we can’t help making through our life “ the two promises “ ―[ Gratitude ] for your life provided by “Kami” and [Commitment]  to response the will of “Kami”.ー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です