世界の構造~僕らの世界は3つでひとつ~

世界の構造~僕らの世界は3つでひとつ~

世界は三層に分かれている。

天よりも上を天上の世界『高天原』と言い

地よりも下を地下の世界『黄泉の国』と言い

天地に挟まれた真ん中の世界を『中つ国』と言う。

この中つ国が僕らがリアルに生きている世界である。

中つ国とは肉体をもって存在している”今ここ”の世界。

天上の世界は、私たちが肉体を宿す前の御魂だけのクリアな世界。

地下の世界は、肉体に蓄積した罪穢れを集めて綺麗にお掃除してくれる世界。

大切なことは、この三つの世界の真ん中で僕らが生きているという自覚。

世界はひとつじゃない。

僕らの世界は3つでひとつ。

僕らが生きているこの世界を現世といい、うつし世と読む。

中つ国とは天上の高天原が映し出された影の世界。

プロジェクターを通してスクリーンに映し出された世界である。

現世を変えたいと思うなら、脚本を変えないといけない。

起きている現実を理解したいなら、脚本を読み込まないといけない。

その脚本が神話という上(神)の話なのだ。

脚本を自分で書けるということを知っているのなら、それを演じる舞台である現世は、つくりたい世界を味わう場所になるため、わくわくする場所になる。

脚本を自分で書けるということを知らないのなら、氣がついたら立たされていたこの現世という舞台は、あやつり人形のようで、なんのために生きているのかわからず苦しくなる。

天上にいる神は、天神(あまつかみ)と呼ばれ、地下にいる神は、地祇(くにつかみ)と呼ばれる。

天神たちは、なんのとらわれもなく生きていいんだよ!という魂が望む生き方の手本を神話を通して演じて示してくれている。神様なのに・・って突っ込みたくなる要素満載だ。純粋で正直でまっすぐで・・。人間以上に人間らしい。でもね、それこそが神の本質。だって、僕らの上(元)だから。

地祇たちは、僕らがこの現世において、どんな失敗をしようと、どんな醜態をさらそうと、すべて受け入れ許してくれる。まるごとオッケーを出してくれる。なぜなら、それらすべてをくぐり抜け、経験し尽くした神様たちだから。

私たちは、あるがままの生き方を示してくれる天神とすべてを受け入れ赦してくれる地祇に見守られながら八百万の神と共に現世を生きている。だから、なーんも心配いらない。

僕らは一人で生きてるわけじゃない。

神々と共にある。

じゃなかったら、日本にこんなにもたくさんの神社はない。

コンビニよりも多い8万社。いつでも会いにいける。

ありがたい国に生まれたよ。ありがたい時代に生まれたよ。

僕らは肉体を持っている間しか、この現世を味わえない。

肉体をもってしてしかできないことがある。

物を持ち運ぶこと、物に触れること、食べること、飲むこと、感じること、味わうこと、楽しむこと、悲しむこと、苦しむこと、泣き叫ぶこと。

天上から見たらどんなにか羨ましいことだろう。

今を生きるとは、3つの世界の存在を知りながら真ん中の国である現世を一所懸命に生きること。

ほんとうの自分を生きるとは、現世だけで生きているのではないと知り、御魂で生きること。

3つの世界を生きていると知るだけで、”今”がかけがえのないトキに思えてくる。

3つでひとつ。かけがえのないトキを分かち合えたあなたとの出会いに感謝します。

山田祥平 感謝∞弥栄 合掌

この考え方に共鳴してくれる方に、この祝詞を送ります。

僕のつくったオリジナルの祝詞です。

参考までに。

http://ameblo.jp/kazeproject/entry-12252025261.html

ご感想などいただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です