いただきますとごちそうさま

僕らがこの世界で生きるということは生かされているということ。
大宇宙の循環の中に在るということ。
循環をスムーズにするための大切な儀式が日々の食事のご挨拶だと思っています。
食事は毎日するもの。
だからこそ、ここに何をこめるかで、日々の精神の質が変わってくると思います。

僕らは生かされている。
まずは受け取ること。
受け取る儀式は、いただきます。

いただきとは頂き。
神は古代においては山そのもの。
すべての恵みの源。
ここからすべて流れ注がれる。
与えられるものを受け取る。
それがいただきます。

それをあらわす言葉を自分なりにつくりました。
もうかれこれ5年ほど唱えています。

***********************
天の恵みと地の祈りと人の営みに感謝して
心をこめて
いただきます
***********************
うけとったならば流さなければ循環しません。
ごちそうさまは与える意識。
ごちそうさまはご馳走様。
走り回ってくれたことへ感謝する言葉。
その恩に対し何を報いていくか。

ずっと考えていましたが、今日ようやく言葉がやってきてくれました。

***********************
捧げられた命を畏み
よどみなく愛を流し続けていきます
ごちそうさまでした
***********************

日々の食事の中に大切なまことのりをのせることができる日本人てすごいなぁと思います。
いただきますとごちそうさまだけでもじゅうぶんすごい。
でも、自分なりに心をこめられるフレーズをいれるとより高い意識とつながれると思います。
ぼくの言葉が絶対ではありませんので、よかったらご自身でよい言葉を探してみてください。
そのヒントになるならばつかってもらってももちかまいません。
素敵な循環が巡りますように。

おもしろきかな、人生は。

人生はおもしろきもの。

祥平とみつとあやの三人暮らしに東京から愛ちゃんが加わり、めちゃくちゃパワーアップした伊勢の風。

僕ら三人のときは、ほんと、ひたすら風吹きまくりの展開で、だって、祥平そよ風、みつタイフーン、あやトルネード。

三人揃えば、何も残らない。

それを形にするのが愛ちゃんの得意分野。

素晴らしい助っ人を得て、これからの展開が非常に楽しみになってきた今日この頃だった。

 

そんなとき、大事件は起きた。

その報告は、また後日。

 

おもしろきかな、人生は。